【第4回】Jabra Sound+アプリを使ってJabra Elite 85tをカスタマイズ!- サウンドモード切替と強度調整編 -

2021年4月18日



こちらの記事では、Jabra公式のiPhoneアプリSound+によって、Jabra Elite 85tに対してどのような設定を行うことができるのかを解説しています。また、AirPods Proとの機能比較についても、できる限り行っていきます。

なお、iPhoneとまだペアリング設定が終わっていない方は先にペアリングを行った後に、本記事をご覧ください。Jabra Elite 85tとiPhoneを初めてペアリングする際の設定方法は、下記リンク先記事にて紹介していますので、参考ください。

Jabra Sound+できることのまとめ

Jabra Sound+アプリを活用すると、Jabra Elite 85tでどんなことができるのかをまとめると、

以上になり、大変多くの要素が含まれていることをお分かりいただけると思います。では、さっそく項目毎に紹介をしてきます。

ANCとHear Through、モードオフ切替え

イヤホン本体に実装されているJabra アドバンスト アクティブノイズキャンセリング(以後、ANC)、HearThrough、サウンドモードオフの切替を、Sound+アプリを使って切替えを行う方法をご紹介します。Jabra Elite 85tがペアリング済のiPhoneで、イヤホン本体を耳に装着した状態でJabraのSound+アプリを起動してください。すると、下の画面になるので、サウンドモードと記載のあるウィジェットがフルサイズ見えるように下にスクロールしてください。

下の画面でサウンドモード全体が見られるようになりました。写真撮影時に有効になっているのは、黄色の丸印が付いているアクティブノイズキャンセリングになります。

他のモードに切り替えるには、各モードの名称の前にある○のところをタップすると、即座に切替わりが行われます。下の写真は、HearThrough(外部音取り込みモード)が有効になっている状態です。

さらに、下の写真では、上記2ついずれのモードも使わない、サウンドモードOFFの状態になっています。

Apple Watchでの操作

また、サウンドモードの切替えは、Apple Watchでも行うことが可能です。デジタルクラウンを1回押して、操作メニューの一覧から、JabraのSound+を見つけたら、タップしてください。

すると、下の写真の画面になります。イヤホン本体のバッテリー残量(これって、左右どっちのイヤホン本体のバッテリーなのか謎です。ひょっとすると充電保管ケースのバッテリー残量かもしれません?)の下に、サウンドモードの表示があり、ANC、HearThrough、サウンドモードオフの3つが用意されています。スクショ撮影時には、ANCが黄色くなっていて、選択されている状況を表しています。

他のモードにするためには、それぞれモードの名称のところをタップすると、瞬時に切替わります。下の写真は、HearThroughとサウンドモードオフをそれぞれ有効にした時のものになります。

ANCとHear Throughの強度調整

ANCとHear Throughそれぞれの効き方の強度をユーザー側で選ぶ機能が用意されています。これらの機能はAirPods Proでは対応ができていないものになり、Jabra Elite 85tが勝っている機能になります。それぞれの強度を調整するためには、Sound+アプリ内で有効にしているサウンドモード設定画面の中にある、合計5つの目盛りの中から、試してみたい強度の目盛りをタップすると設定が可能です。なお、強度の強弱は、ANCとHear Through共通で、一番左(下の図では1)が最弱で、一番右(下の図で5)が最強となっています。

実際に利用してみた個人的な感想として、もっと強度の強い設定が欲しい所です。特にANCにはぜひお願いしたいです。

Apple Watchでの調整対応は不可

各種サウンドモードの切換えはApple Watchでも対応していますが、ANCとHear Throughの強度調整には対応はしていませんでした。