【第3回】Jabra Sound+アプリを使ってJabra Elite 85tをカスタマイズ!- 音質調整編 -

2021年4月18日

こちらの記事では、Jabra公式のiPhoneアプリSound+によって、Jabra Elite 85tに対してどのような設定を行うことができるのかを解説しています。また、AirPods Proとの機能比較についても、できる限り行っていきます。

なお、iPhoneとまだペアリング設定が終わっていない方は先にペアリングを行った後に、本記事をご覧ください。Jabra Elite 85tとiPhoneを初めてペアリングする際の設定方法は、下記リンク先記事にて紹介していますので、参考ください。

Jabra Sound+できることのまとめ

Jabra Sound+アプリを活用すると、Jabra Elite 85tでどんなことができるのかをまとめると、

以上になり、大変多くの要素が含まれていることをお分かりいただけると思います。では、さっそく項目毎に紹介をしてきます。

音質調整(プリセット・手動)

第3回目は、音質の調整ができる機能から紹介します。調整にあたっては、Jabraが最初から用意している複数パターンの中から自分好みの音質パターンを選んで設定するか、それとも自分でイコライザーを手動で調整して自分好みに仕上げる設定を選ぶか、2通りあります。

プリセット設定

皆さんが聴いている音楽の音質を頂戴したい場合は、iPhoneとペアリングをしている状態で、Sound+アプリを起動した後の最初の画面から下部にスクロールします。

すると、下の画面にあるように、音楽プリセットと表示されたウィジェットが現れます。

プリセットで用意されている音質のパターンは、

  • ニュートラル
  • 音声
  • 低音ブースト
  • トレブルブースト
  • スムーズ
  • エネルギー

以上、6種類が用意されています。この中から自分好みのパターンの名称をタップすると即座に音質が変更されます。音楽を聴きながらそれぞれのパターンを選択することもできるので、実際の音質の変化を楽しみながら選択することもできます。

プリセットの6パターンの味付け傾向

音楽用イコライザーで用意されている音質パターンを簡単に紹介すると、

フラット系

ニュートラルは特にイコライザーに手を加えることなく、楽曲データそのものの音質で再生するもの

スムーズは、低中音域のみ軽くブーストが掛かっている程度で、文字のイメージ通り、味付け方法としてメリハリをつけるものではなく、聞きやすさを重視した設定なのかな、というもの

ボーカル強調

音声は、ボーカルを強調できるものと思われます。イコライザーを見ると中高音域のみ軽くブーストされていて、低音と高音は意図的に下げられています。特に低音をなるべく目立たせないような味付けになっています。

低音域強調

低音ブーストは、読んで字のごとく、低音を強調して再生するもの

高音域強調

トレブルブーストは、高音域を強調するもの

高低音域強調

エネルギーは、低音域と高音域に軽くブーストがなされているもの

になっています。

手動設定

自分好みの音質にするために、プリセットではなく、手動で音質を調整することも可能です。調整方法は2つあります。

音楽プリセットウィジェットから

この1つ前に紹介した音楽プリセットウィジェット内にある+(プラス)のところをタップすると、

音楽イコライザーの調整画面(下の写真)になります。ここで、60Hzから7.6KHzまで5つ用意されているイコライザーを自分好みに調整することができます。音楽プリセットから調整したイコライザーをそのまま新たなプリセットパターンとして保存することも可能です。

音楽用イコライザーウィジェットから

手動でイコライザーを設定する方法として別に用意されている方法は、音楽用イコライザーウィジェットになります。

こちらでイコライザーを調整する場合は、iPhoneとペアリングをしている状態で、Sound+アプリを起動した後の最初の画面から下部にスクロールすると、下の矢印で示した音楽用イコライザーが現れるので、ベース ー ミッドレンジ ー トレブルの間で用意されている5つのポイントを上下に調整することで音質の調整を行うことができます。

以上で、3回目の記事は終わりです。次回は、ANCや外部音取り込みモードの設定についてご紹介する予定です。