Jabra Elite 85tを片耳だけで使うと物理ボタンで音量UPはできない

Jabra Elite 85tを使い始めてから1か月を超えましたが、最近とある場面で初めて気づいたことがあったので、紹介します。

Jabra Elite 85tを片耳のみで使用

Jabra Elite 85tでは、右耳側のイヤホン本体のみ、片耳での使用に対応をしています。私の場合、自宅でテレワークをしている時に、自宅のチャイムが鳴った時にもすぐに気づけるよう、両耳にイヤホンをつけるのではなく、あえて片耳だけで使うことがあります。

イヤホンの物理ボタンでの音量UPができない

そんな状況下で、片耳のイヤホンだけで音楽を聴いている時に、ふと再生中の音楽の音量が小さいと感じたので、音量UPしようとイヤホン本体の物理ボタンを長押ししてみるのですが、まったく音量が上がりませんでした。そこで初めて、この事実に気づきました。

オンラインマニュアルで同様の記載あり

実際に仕様として音量UPに非対応となっているのか気になったため、Sound+アプリからオンラインマニュアルを確認してみました。下のスクショの最下部の記述内容にあるように、音量の調整については【ペアリングされた携帯機器の音量コントロールを使用する】と記載があるので、本製品の機器の仕様であることが分かりました。