【検証2】Apple Watch Series4バッテリーはどれ位持つのか?

2019年1月25日

初めてこの企画を投稿したのが、ちょうど1週間前でした。

前回の検証の時とは、多少使用条件が異なっていますので、その結果を自分でも楽しみにしてました。

早速、いってみましょー

検証日時

2019年1月24日~25日

深夜

さて、例によって、充電を100%にしたところから検証スタートです。

早速ですが、これから就寝です。おやすみなさい

2度目の検証スタート。就寝時

これも例によってですが、私は就寝時にWatchを付けて寝ていません。

明日の朝、どれくらい目減りしてるでしょうか?

起床時

おはようございます。

朝寝ている間の減りは、100%から4%減りまして、

96%

というのは、先週と全く同じでした。

会社出勤です。これから音楽を聴きながら、移動します

さて、ここからが前回の検証では試していなかった使い方をしました。

それは、Apple Watchにインストールしている音楽を聴きながら通勤してみました。

通勤はおよそ1時間です。

音楽再生中

まあ、こんな感じでMusicアプリを使って、音楽を1時間ほど聞いてみました。

昼食時

お昼休憩時

前回より、計測タイミングが7分遅くなりましたが、誤差だとして、

音楽を聴いていた1時間分がどれくらいバッテリーを減らしたかといえば、

前回 85% 

今回 80%

と、-5%という結果でした。

ちなみに、今何時だろうと時間確認を1時間に一度くらいはしてました。

退勤時

引き続き、1時間におよそ1回のペースで時間確認を、また、SNSのメッセージ通知も何度が受けました。

それから、昼食時の計測時間の最中に、前回の検証では行っていなかったことで使ってみました。

それは、モバイルSuicaでのチャージ1回と、昼食先のお店でのSuica決済です。

さて、家に帰ります

そして、前回の退勤時と計測時間の差は、20分ほど遅れてます。

ここまでくると多少の差が出てくるかと思いますが、結果は

前回 70%

今回 66%

で、-4%という差で、昼食時から+1%差が縮まりました。

モバイルSuica関連の使い方は、それほどバッテリーに影響はなさそうな結果となりました。

ここから更に、1時間音楽を聴きながら、家に帰ってみます。

帰宅時

家に帰ってきました。計測時間のずれは、前回より今回の方が約30分遅れました。

ただいま

前回との差をみてみましょう。

前回 68%

今回 61%

と7%、多くバッテリーを使っていました。

音楽鑑賞は、2-3%くらいバッテリーに負荷がかかってるかな、といった具合です。

就寝時

さあ、今日も1日が終わりました。

そろそろ寝ようと思いますが、例によって帰宅後にApple Watchはすぐに外してしまうので、何も使われていない状態で、どれくらい減っているかチェック。

帰宅後から、7%減ってますね。

前回の就寝時との差は、3分。これも誤差でしょうか。

前回との差

前回 57%

今回 54%

その差 -3%

でした。

結果からの推論

前回の検証と異なる点として、

片道1時間の通勤時間、生き返り2時間音楽をAppleWatchで聴き続けて、昼食時にはSuicaへチャージを行い、Suica決済も行いました。

結果としては、あまり利用頻度が少なかった前回と比べても、たった3%分しかバッテリーの減りに差がなくて、意外な結果でした。

1日は確実にバッテリーは持つことに変わりなく、このまま充電しなくて使うと2日間がぎりぎりかな、といったところも前回の結果と変わりませんでした。