watchOS7の公式配信スタート!初お目見えのものから追加となったものまで11項目を解説

2020年10月10日

9/16にApple WatchのOS(watchOS)のメジャーバージョンアップとなるwatchOS 7が正式リリースとなりましたので、その内容をダイジェストとしてまとめています。

WWDC2020でのwatchOS7紹介

アップデート画面

残念ながら、アップデートに必要なデータ容量が分からずでした。

新規要素

watchOS 7にて新たに加わったのはどんなものがあるかを項目ごとにまとめました。

新たな文字盤

新たに追加された文字盤を上記の画像の左から順番に、名前と公式の説明文を共に紹介します。

ストライプ

ストライプ文字盤は、Apple Watchの中でも最もカスタマイズ可能な文字盤の1つです。ストライプの数、カラー、角度を選択してください。あなたのセンスを反映した組合せを作ったり。故郷の国を入れてみたり、信条を表現してみたり、お気に入りのチームを応援してみたりしましょう。

Apple Watchアプリ 文字盤ギャラリーより

アーティスト

アーティストのGeoff McFetridgeとのコラボレーションで生まれたこの文字盤は、Apple Watchならではのダイナミックなアート作品です。手首を上げるたびにポートレートがアルゴリズムによって変化し。何百万通りもの組み合わせがあります。

Apple Watchアプリ 文字盤ギャラリーより

クロノグラフプロ

この文字盤の12時間表示のダイヤルを囲むベゼルをタップすると、クロノグラフに変わります。60秒、30秒、6秒、または3秒の単位で時間を記録します。または、新しいタキメーターのタイムスケールを選択して、一定の距離の移動にかかった時間に基づいて速度を測定します。

Apple Watchアプリ 文字盤ギャラリーより

GMT

現地時間とグリニッジ標準時との時間を表示するクラシックな時計からインスピレーションを得たこの文字盤には、現地時間を表示する12時間表示の内側ダイヤルと第2タイムゾーンを追跡できる24時間表示の外側ダイヤルを備えています。厳選された都市名のリストから選択するか、世界時計のリストから追加します。文字盤のダブルトーンのカラーは昼と夜、そして選択した都市の日の出と日の入りの時刻を反映しています。

Apple Watchアプリ 文字盤ギャラリーより

カウントアップ

カウントアップ文字盤で経過時間を把握できます。メインの12時間表示のダイヤルをタップして、外側のベゼルのマーカーを分針に合わせるだけです。Digital Crownを回してタイマーの長さを設定し、再度ダイヤルをタップして計時を開始します。終了したら、赤い経過時間ボタンをたっぷするか、Digital Crownを押して文字盤をデフォルトの状態に戻すことができます。

Apple Watchアプリ 文字盤ギャラリーより

ミー文字

この文字盤には、あなたが作成したミー文字と、すべてのアニ文字のキャラクターが使われています。

Apple Watchアプリ 文字盤ギャラリーより

タイポグラフィ

タイポグラフィを祈念してデザインされたこの文字盤には、クラシック、モダン、ラウンドの3つのフォントスタイルが搭載されています。数字は4個または12個のどちらかを選択でき、アラビア数字、アラビア・インド数字、デーバナーガリー数字、またはローマ数字で表示できます。12個の数字を選んだ場合は、コンプリケーションを追加することもできます。

Apple Watchアプリ 文字盤ギャラリーより

の7つになります。

文字盤の共有

自分でカスタマイズしてデザインした文字盤を、他の人へデータとして送ることができるようになりました。シェアする方法としては、AirDropを使ったり、サーバーにアップロードしてからダウンロードしてもらったり、と複数あります。

コンプリケーション

新たに追加され文字盤内で設置できるコンプリケーションは、5つあります。こちらでは、主にインフォグラフで設置した場合の画面写真を掲載します。なお、一部のコンプリケーションはSeries 4では設置ができないと思われるものがあり、そちらは画面写真を用意できていません。

世界時計と月の位相

公式の説明では上の2種類が新出のものということですが、watchOS 6の時から世界時計と月の位相はこれまでにまとめてきたコンプリケーションのまとめ投稿で見つけてましたので、いずれのものもwatchOS7から初めてお目見えしたものがあるのかなぁと想像しています。

高度計

Series4で調べてみた結果、高度計のコンプリケーションを見つけることができずに非対応と思われます。すでにSeries 6を発注済なので、手元に届き次第、試してみます。

カメラリモート

このコンプリケーションをタッチすると、iPhoneのカメラが起動して、Apple Watchの画面内にもカメラ越しの映像が映し出されます。初期設定では3秒後にシャッターが切られるようになっています。また、右下の…をタッチすると設定画面に切り替わって、前述したようにタイマーのON/OFFの切替えがスライドスイッチで行うことができます。

なお、タイマーの設定をOFFにすると、タイマー設定がなくなり、通常のシャッターボタンに切り替わっていることが下の写真でお分かりいただけると思います。

睡眠

下の画像に2か所掲載されているベッドのアイコンになっているコンプリケーションが睡眠になります。睡眠のコンプリケーションをタッチすると、睡眠の設定メニューの画面になります。なお、睡眠については後日詳細を別記事で投稿する予定です。

この睡眠コンプリケーションを使うことで、いよいよApple Watchでの睡眠トラッキング(追跡)が実現化となりました。

睡眠トラッキングを有効にしてから、事前に用意されている設定を行うと以下の機能が使えるようになります。機能

  • 睡眠した時間の記録
  • 起床時間になるとアラーム音が鳴る
  • 自分で設定した睡眠時間になるとiPhoneやApple Watchの画面が睡眠モードになる
  • 睡眠準備時間を設定していると予定就寝時間の前から寝るための準備を行うため睡眠モードになる

上記が私のここ最近の睡眠データです。水色の縦長のグラフが睡眠時間を表しています。途中で水色が途切れて、黒くなっているところは目が覚めていて体が動いている状態を表しているんです。これ、なかなか正確ですよ。

手洗い検知

新型コロナ感染予防の対策として、Appleが用意たのがこの手洗い検知機能です。詳細を過去記事で投稿しているので、気になった方は下記リンクから該当記事をご覧ください。

ファミリー共有

複数のApple Watchを1台のiPhoneで管理運用することのできる機能。私には2人子供がいますが、子供や高齢となった親にApple Watchを渡して使ってもらえば、連絡を取り合ったり、見守り目的にと便利な機能もありそうです。

ミー文字

Apple Watchの中で、ミー文字を新たに作成、そして作成済のミー文字の編集ができるようになりました。こちらで選択できるパーツとして、

  • ヘアスタイル
  • 眉毛
  • ひげ/もみあげ
  • 眼鏡類
  • 帽子類

の11種類という非常に豊富なパーツから、ミー文字の顔を作り出すことができます。また、作成したミー文字を、watchOS7から新たに加わったミー文字の文字盤に設定も可能です。

マップ

マップでは新たに自転車によるルート提示がなされるようになりました。なお、日本ではリリース時点で対応待ちの状況です。

Siri

Apple Watch上で2か国語間の翻訳ができるようになりました。翻訳対象となる言語の組合せは50個を超える充実ぶりです。その他、メッセージの読み上げ機能にも対応となりました。

追加要素

こちらでは、watchOS7からこれまでに用意されていたものに、追加要素として加わった変更点についてまとめています。

文字盤

文字盤についての追加要素は2つありますので、それぞれ紹介します。

特大

【特大】文字盤に、1つだけコンプリケーションを大きく表示することができるようになりました。以前までは時間だけが特大表示される文字盤でした。

写真

【写真】文字盤で設定した写真に、新たにカラーフィルタをかけられるようになりました。

心電図、不規則な心拍の通知

コロンビア、イスラエル、クウェート、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦で利用ができるようになりました。直前のニュースによって、日本での利用開始も期待されましたが、残念ながら今回のリリースでは対象国にはなっていませんでした。

ワークアウト

ワークアウトにて下記4種類の運動記録を追加対応。

  • ダンス
  • 機能的筋力トレーニング
  • コアトレーニング
  • クールダウン

アクティビティ改めフィットネス

これまでユーザーの運動記録を確認することができていたアクティビティが名称変更にて、フィットネスという名称に切り替わりました。また、iPhone上で運動ログを確認する時の画面表示内容やレイアウトも変更となりました。