みずほWallet for iOSご紹介

みずほ銀行の口座を持っている人が自分の口座からSuicaチャージができて、Apple Payでの支払いする仕組み、

みずほWallet for iOS

を今回はご紹介します。

利用料

無料

SuicaとDebitの2つの決済方法

みずほWallet for iOSでは、2つの決済方法が用意されています。

Suica決済 (別名=Mizuho Suica)

Suicaは、モバイルSuicaと同様に、アプリへ現金チャージして買い物をすることになりますが、

モバイルSuicaがクレジットカードを利用してチャージすることになる一方で、

今回ご紹介のみずほWallet for iOSの場合、所有しているみずほ銀行の口座から直接チャージとなります。

銀行口座からの直接チャージという形をとることになるため、ビックカメラSuicaビューカードのようにクレジットカードからのチャージにJREポイントが付与されるような仕組みがなさそうです。

Debit決済 (別名=Smart Debit)

また、2つ目の決済方法として、デビットカード決済の仕組みも、Smart Debitとして用意。

こちらについても、銀行口座からの直接支払うとなり、毎月の利用金額の0.2%キャッシュバックも用意されています。

 

では、みずほWallet for iOSに搭載された、Suicaについてもっと掘り下げていきたいと思います。

Suicaへのチャージ

チャージできる上限金額は、2万円です。

これは、モバイルSuicaと同じになりますね。

そして、チャージする際の単位に関しては、1,000円単位でのチャージとなります。

モバイルSuicaの場合、iPhoneでは500円でもチャージできていますので、少し違いがありますね。

JREポイント

気になるのは、JREポイントですが、Mizuho Suica を JRE POINT WEB サイトにご登録することで、買い物や JR東日本エリアの鉄道利用の際にポイントがたまります。

具体的に、説明します。

買い物

対象店舗 登録した Suica のご利用でポイントがたまる JRE POINT 加盟店

ポイント還元率 100 円(税込)または 200 円(税込)につき 1 ポイント
※還元率は加盟店により異なる

ポイント付与日 お買い物の翌日以降

鉄道利用

対象区間 JR 東日本の在来線 Suica エリア

ポイント還元率 1回の利用額×2.0%ポイント還元(※50 円ごとに 1 ポイント)
ただし、1 回のご利用で最低 1 ポイント還元

ポイント付与日 乗車日の翌月下旬以降

注意点

つい先日、ビックカメラSuicaビューカードの利用で貯めたJREポイントをモバイルSuicaへチャージをしたのですが、JREポイントアプリにて、貯めたJREポイントのポイント利用手続きを進めて、Suicaチャージ申込の画面を見た時に気づいたのですが、

貯めたJREポイントは直接チャージできないことが分かりました。

下の画面ショットでも、

Mizuho Suicaへのチャージはできません。

と書かれています。

ユーザーからすると、諸般の事情はあると思うのですが、ここは残念なところですね。

貯めたJREポイントの使い道

では、直接Suicaへのチャージができないので、どのように使うかというと、

  1. JR 東日本グループの駅ビルで発行できる JRE POINT カードを JRE POINT WEB サイトにご登録のうえ、JR東日本グループの駅ビルでのお買い物の際にポイントを利用
  2. お持ちの別の Suica を JRE POINT WEB サイト・アプリにご登録し、ポイントをチャージ
  3. JR 東日本が提供するショッピングモール「JRE MALL」でのお買い物の際にポイントを利用
  4. JRE POINT WEB サイトでの商品交換にポイントを利用

となっています。

詳しくは、JR東日本の下記リンク先の情報をご確認ください。

~「Mizuho Suica」のご利用で「JRE POINT」がたまります~

(みずほ銀行、東日本旅客鉄道株式会社2社によるリリース文)

[blogcard url="https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190926_ho01.pdf"]

個人的な感想

ビックカメラSuicaビューカードのように、現金チャージの際に、クレジットカードではなく、銀行口座から直接入金となるので、チャージ分のJREポイントが付かない分、お得感がありませんね。

ただし、Suicaではなく、Smart Debit(クイックペイ)での利用で、毎月の利用金額の0.2%をキャッシュバック、という仕組みがあるものの、0.2%という還元率は本当にわずかでメリット薄となるのではないでしょうか?

アプリのダウンロード

[blogcard url="https://apps.apple.com/jp/app/%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%BB%E9%8A%80%E8%A1%8C%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id514516831"]