AirPods Pro用低反発イヤーチップを指でつぶして使用したらメッシュガード剥がれてる!

以前に、SOSOLABOから発売されたAirPodsPro向け低反発素材のイヤーチップを購入したことをお伝えする投稿をしました。

今回の投稿は、製品購入レビューの後日談的なものになります。購入から1か月間使ってみて、ちょっとしたトラブルに遭遇しましたので、ご紹介いたします。

メッシュガードが剥がれちゃいました…

イヤーチップ部分が低反発ウレタンフォームの素材で作られているのが特長となっている本製品ですが、AirPods Proを使う度に毎回、耳にフィットさせるために当然のごとく、指でギューッとイヤーチップ部分をつぶしてから装着してました。

ある時、いつものように耳に装着するために、ギューッとつぶそうとして何気にイヤーチップ内部に視線が行った時に「あれっ?!」という状態に、イヤーチップ内部がなっていました。

メッシュガードが剥がれている証拠写真

ちょっと遠めから撮影しましたが、イヤーチップ内部に白いものが見えていると思いますが、それがメッシュガードになります。メッシュガードとイヤーチップの接着が外れています。

拡大写真

メッシュガードの接着部分が半分はがれちゃっていて、AirPods Pro本体の音が聴こえるスピーカーのメッシュ構造部分が露出してる状態です。

イヤーチップをAirPods Proから取り外して撮影した写真

今度は、イヤーチップをAirPods Proから取り外した状態で写真を撮ってみたので、ご覧ください。

使用前と使用後の比較

左が使用前、右が使用後の写真です。上の段は裏面から見た状態で、下の段が表から見た際の写真です。

こうして見比べてみるとはっきりと分かりますが、完全にはがれてしまってますね。

最後に

まあ、安いもん(本体価格1,600円)だから、しゃーないとあきらめは付きますが、気になるのは他のメーカー製品で、同じような低反発ウレタンフォームでメッシュガードが付いているものも、イヤーチップを指でつぶし続けながら使っていくと、やっぱり同じようにメッシュガードが剥がれてしまうのではなかろうかということです。

イヤーチップ素材とメッシュガード素材の接着力の強さに依存することにはなりそうなので、製品ごとに実際に使ってみないと分からないというところがありますけどね。

この手の製品を購入する皆さんも、どうぞお気を付けください~