Apple Watchで毎時0分に時報が鳴る設定方法(watchOS 6対応)

2020年4月6日

watchOS 6から機能が追加され、

例えば、毎時0分になったら、Apple Watchにて時報が鳴る

設定ができるようになりました。

こちらでは、その設定方法について解説します。

Apple Watchアプリを起動

まずは、Apple watchアプリを起動します。

アクセシビリティを選ぶ

次に、画面の下にスクロールして…

アクセシビリティが出てきたら、タッチします。

チャイムを選ぶ

次に、画面の一番下にあるチャイムを…

分かりやすく、メニュー画面の真ん中まで持ってきました。そこでタッチ。

チャイム(時報)の詳細設定をする

こちらでは、以下の3つについて設定ができます。

チャイム(時報)機能の有効化

チャイム(時報)を使いたい場合は、一番上にあるチャイムのスライドボタンをを…

右に動かして、緑色に変えて、チャイム(時報)機能を有効化しましょう。

時報が鳴るスケジュールの決定

次に、時報をするタイミングを選びます。

用意されているタイミングは、3つあり、

正時(0分)、30分、15分のいずれかから、時報の鳴る間隔を設定します。

分かりやすく説明すると、

正時で設定すると、毎時0分ごとに時報がなる

30分で設定すると、毎時0分と30分に時報が鳴る

15分で設定すると、毎時0分、15分、30分、45分と時報が鳴る

勘違いしやすいのは、例えば30分を選ぶと、毎時30分にチャイムが鳴るというわけではなく、30分間隔で時報が鳴るということになりますので、お気を付けください。

時報サウンドの設定

最後に時報のサウンドを決めます。

用意されているサウンドは、思いの外、少なくて、

ベル、鳥の2種類しか選ぶことはできませんでした。

サウンドの種類は、今後のwatchOSのアップデートで増えたりするのか、気になるところです。

この設定をしたのに、時報が鳴らない場合は、Apple Watchが消音モードかおやすみモードになっていないかを確認してみてください。

みなさんも、時報を一度お試しになってはいかがでしょうか?