Apple WatchのJリーグスコア速報アプリ

2020年4月6日

【更新履歴】6/20 バージョン5.0でのアップデート内容を追記しました

私は地元の名古屋グランパスを応援していて、試合の日に家に居れば、DAZNで観戦、たまに観戦にも行きます。

でも、試合当日に仕事があったり、休みの日でも外出していたりと、試合を見ることができないタイミングもあります。

リアルタイムで見られなかった試合の結果をいっさい情報を入れずに、家に戻ってから、DAZN観戦したい方もいると思いますが、私はリアルタイムで状況を知りたい方です。

そこで実際に今使っているアプリで、Jリーグの試合速報をApple Watch上でチェックできる、Forzaをご紹介します。

アプリ紹介

アプリ名

Forza

価格

無料

速報画面

2019年4月20日(土)に行われた、J1リーグ第8節、名古屋グランパス vs ジュビロ磐田を現地観戦して、撮影したものになります。

実際の通知について、海外製アプリっぽいですが、目の前で行われた試合状況にあわせて、ほぼリアルタイムで通知されていたので、不満なく利用できています。

試合開始前

キックオフまで30分前あたりで通知が届きます

試合開始

文字通り、キックオフとなったら通知

前半終了

ゴール!

得点したのが、特定の有名外国籍選手だと、名前と共に顔写真を表示できる設定があります。

多分ですが、海外でプレーしたことのない日本人選手の顔写真はないかと思われます。

バージョン5.0以後の得点通知の改善

6/20現在の最新バージョンは、5.0.4ですが、バージョン5.0でのアップデート内容で、大型アップデート対応と記されていて、

6/19(水)に行われたルヴァンカップのプレーオフステージ第1戦の名古屋グランパス対ベガルタ仙台では、グランパスの赤﨑選手の顔写真とともに得点通知がApple Watchに届きました。

顔写真をよく見ると、昨シーズンの川崎フロンターレ時代のものと分かり、写真のデータベースが最新ではないようです。

それでも、このアップデート対応はユーザー側からは嬉しいものです。

あとは、選手名を日本語表記になるともっと良いですね。

レッドカード!

試合終了

通知が可能な項目

通知を設定できる項目は8つあります。

しかし、Jリーグクラブの試合の場合、8つのうち、対応していないと思われる項目がいくつかあります。

それは、スターティングメンバーとビデオハイライトです。

通知をApple Watchウォッチで受け取るための準備

アプリのインストール

まずは、アプリをインストールして、起動します

設定

次に最初の画面の右下にある設定をタッチ

次に、一番上にある、プッシュ通知をタッチ

次に、チームをタッチ

次に、自分が応援しているチーム名を入力します。

登録できるクラブですが、J1クラブからJ3まで対応していると思います。

チーム名の検索の時には、少し工夫があるかもしれません。

一例としたですが、J2のジェフ千葉を登録したい場合に、千葉、と入力すると自動検索で表示されるのが、ジェフ千葉のレディースチームのみの表示になってます。

ここで、千葉の代わりに、ジェフ、と入力すると、ちゃんと目的のジェフ千葉が表示されました。

応援しているクラブの登録ができたら、OKです。

あとは、何もしなくとも自分の応援しているクラブの試合がある度に通知がApple Watchに届くようになりますよ。

通知の項目も、不必要だと感じるものがあったら、8つの通知項目のオンオフを調整してください。