Apple WatchからSuicaチャージする方法

2021年5月8日

過去の記事で、iPhoneのモバイルSuicaから、チャージする方法を投稿しましたが、

[blogcard url="https://koregadge.info/?p=911"]

今回は、Apple Watchから直接チャージする方法を解説します。

前提条件

iPhoneがWiFiに接続されている状況でないと、Apple Watchの操作で直接のチャージは残念ながらできません。

具体的な手順

まずは、Apple Watchにて、Walletアプリを起動します。

次に、Suicaをタッチ。

【ダブルクリックで支払い】と表示されるので、デジタルクラウンか画面上をタッチして、画面の下にスライドします。

すると、現在のSuicaの残高(画面上はカード残高)と、チャージと表示されるので、チャージを選択

すると、次の画面ではチャージ金額を決めます。金額の右側にある+をタッチするたびに、100円単位で金額が増えていきます。

ちなみに、iPhoneのモバイルSuicaアプリからは、最低でも500円からのチャージとなり、その後は1000円単位でチャージ金額を選ぶことになるので、Apple Watchでのチャージの場合は、10分の1の金額でチャージができることになります。

なお、ビックカメラSuicaカードでのチャージの場合、JREポイントが付与されるのは、1,000円単位となるので注意が必要です。

1,000円未満でチャージした場合、JREポイントが付与されないことになります。

今回は1,000円でチャージしてみます。+をタッチし続けて、1,000円にしましょう。

1,000円になったら、あとはチャージをタッチして下さい。

すると、決済確認画面になるので【ダブルクリックで支払い】のそこにある白い縦線のすぐ横にある、

デジタルクラウンの隣にあるボタンを二度押しで決済手続きを開始するします。

これでチャージ完了です。