Apple Watchで飛行機内モードを設定する方法

2021年5月8日

先月、イギリス出張する機会があり、航空機離陸の際にCAさんからのアナウンスで、電波を発するものは電源を切るか機内モードにして下さい、というお決まりのルールの説明がありました。

その時に、iPhoneをすぐ機内モードにできましたが、Apple Watchが果たして機内モードにできたかどうか、うろ覚えでよくわからなかったので、そのままの状態でイギリス到着まで過ごしていました。

帰国後、Apple Watchで機内モードにするための方法を調べてみたところ、実はApple Watchでも機内モードにすることができたことを知り、航空会社さんや周りの乗客の皆さんに対して、何だか申し訳ない気持ちになりました。

その時の反省から、Apple Watchで機内モードにするための方法を自分のブログで公開しようと考えた次第です。

このページをご覧いただくと、Apple Watchでの機内モードの設定方法をお分かりいただけます。

また、Apple Watch単体での設定方法のみならず、私がお薦めしたいApple WatchとiPhoneを連動して機内モード設定が同期できる方法もご紹介しています。

Apple Watchでの機内モード設定方法 その1

まずは、Apple Watchのデジタルクラウンを押し込んで、各種メニュー画面(私の場合はリスト方式で表示するように設定しています)から、設定をタッチ。

次に、設定メニューが表示されたら、下にスクロールしましょう。

下にスクロールすると、機内モードが出てきますので、ここをタッチ

次の画面で、機内モードのスライドスイッチをタッチして、オンにできたら終わります。

Apple Watchでの機内モード設定方法 その2

上で解説した手順は手数がかかるのですが、実はもっと簡単に設定できる方法があるので、ご紹介します。

まずは、Apple Watchの画面の下に指を置いた状態で、上に引っ張り上げましょう。

すると、アイコンがたくさん並んだサブメニュー(iPhoneでいうコントロールセンターみないなもの)が出てきます。

そこでこの画面から、さらに上にスクロールしましょう。

上にスクロールすると、飛行機マークが出てくるので、ここをタッチすると、

初めて、タッチした場合、機内モードになる旨の案内文が表示されます。案内文の最後にある了解をタッチすると、

機内モードの飛行機がオレンジ色に変わって、モードがオンになりました。

一度、機内モードの案内文を表示した上で了解ボタンを押していれば、次に機内モードにする際、飛行機アイコンをタッチするだけで、機内モードがオンになるので、もっとも手数をかけずに機内モードにできる方法となります。

iPhoneとApple Watchで機内モード設定を同期する方法

実は、今から説明する方法が、私のお薦めなのですが、iPhoneで機内モードにすることで、Apple Watch側も連動して機内モードになるという便利な方法の設定を説明します。

まずは、Apple Watchアプリをタッチすることから始まります。

設定アプリが起動したら、下にスクロールして、

一般メニューをタッチ

次の画面になりましたら、機内モードをタッチ

次の画面で、

iPhoneを反映

のスライドスイッチをオンにスライドすると、iPhoneで機内モードにすると、連動してApple Watch側も機内モードになります。

実は、その逆も実は可能で、Apple Watch側を機内モードにすると、iPhone側も連動して、機内モードにすることもできます。

iPhoneでの機内モード設定方法

iPhoneでの機内モードは一番簡単な手順で解説をしますが、ホーム画面にてiPhoneの画面の下に指を置いた状態で上に引っ張り上げて、コントロールセンターを表示させましょう。

コントロールセンターが表示されたら、飛行機アイコンをタッチすると、

この操作だけで、機内モードにすることができます。

iPhoneとApple Watchの機内モード同期を設定している場合、上の操作をするだけで、Apple Watchも同期して機内モードとなります。