Apple Watchの文字盤ソーラーダイヤルで日本とイギリスの日照時間を比べてみた

2020年10月10日

イギリスに1月22日から26日まで滞在した際に、Apple Watchの文字盤の一つであるソーラーダイヤルにて、文字盤のスクショを撮ってきましたので、ここにご紹介します。

その目的は、日本とイギリスにおける日照時間の差を確認をしてみたい、と思ったことがきっかけでした。

こちらのページを最後までご覧いただくと、日本とイギリスの日照時間の違いが1月20日過ぎの時点で、どれくらいあったのかお分かりいただけます。

1/22 日本出国直前

日の出は、およそ6時48分ごろ

日の入りは、およそ16時56分ごろ

1/23 イギリス滞在時

日本より緯度が高いところに位置するイギリスですが、

日の出は、およそ7時52分ごろ(日本よりも約1時間ほど遅い)

日の入りは、およそ16時32分ごろ(日本よりも約24分ほど早い)

日本と比べて、日の出が1時間ほど違うのに、日の入り時間は日の出の時間の差と比べるとおよそ半分程度の25分という違いとなり、日の出と日の入りの時間の差は必ずしも一致しないという興味深い結果となりました。

左右に並べて比較

左が日本時間、右がイギリス時間となり、左右を見比べてみると、日照時間の違いがより鮮明となり、日の出時間の差がパッと見でも全然違うことが分かります。