AirPodsProの接続強度を、ビルのフロア間移動で試してみた結果

AirPodsProの接続強度について、ふと試してみたいなと思いたったので、休日に訪れた商業施設ビルで、フロア間移動(今いる階から別のフロアに移動する)を行っての接続持続テストをしてみました。

テストを行う環境と条件

ショッピング目的のフロアは、商業施設ビルの7階だったのですが、自分のiPhoneとペアリングを行った状態のままで、7階で買い物をしている家族にiPhoneを渡したままの状態で、1階までつながっている階段を下りていき、状態確認を行いました。

接続強度を確認する方法として、音楽再生状態でのテストを実施することとして、その強度確認の判断を2段階に設定。

音楽の再生が止まってしまうまでを第1段階として、音楽再生が停止してからさらにiPhoneとの接続そのものが切断されてしまうのを第2段階としました。

余分なノイズによって検証結果を左右されることのないよう、音楽再生状態を把握しやすくするために、ノイズキャンセリングをオンの状態でテストしました。

テスト結果

第1段階

7階から5階まで下りたところで再生していた音楽が停止になりました。

第2段階

5階からさらに3階まで下りたところで、iPhoneとの接続自体が切断されました。

結論

音楽再生の状態で、1フロア下の階にいてもちゃんと聴くことができたのは、驚きでした。

音楽再生の止まり方も、6階から5階に下りる階段を1歩1歩下りていく内に、徐々に音楽の音量が小さくなって、最後は完全に聴こえなくなる状態でした。

第2段階までに至るまでには、無音状態で3階に下りたところで、接続自体が切断された効果音がなったことで、切断を確認できました。

結果、接続は3フロア下でも継続できていたことから、結構な強度があることが分かりました。