Apple Watchを運動や健康管理で使う時に初めにやっておきたい調整とは?

2019年12月25日

健康管理やフィットネスを高める目的、または競技スポーツでの利用目的で、Apple Watchを使う方も多いと思います。

近々、ワークアウトについて調べてまとめた記事を投稿しようと思いますが、Webで調べたときに、これは知らなかった、ほかの皆さんにも知ってもらった方が良いなというページがあったので、記事にしてみました。

ご紹介するのは、体を動かした時に測定する各種データの精度を高めるために必要となる、

Apple Watchを調整する

方法です。

Apple Watchを調整するとは?

Apple Watchを腕に付け、運動して自分の体や運動データを記録する時に、初めて買ったばかりのApple Watchには、購入者固有となる基本のデータがまだ記録されていないため、

より自分の体に合うようにデータ取得の精度を高める行為を、

Apple Weatchを調整する

と呼ぶのだと分かりました。

具体的な調整の方法

iPhoneでの設定

まずはiPhoneでの設定からになりますが、

設定アプリ

設定アプリをタッチ

プライバシー

プライバシーをタッチ

位置情報サービス

位置情報サービスをタッチ

位置情報サービスをオンにして、画面一番下までスクロール

システムサービスをタッチ

モーションの調整と距離をオンにする

これで、iPhone側の準備が終わりました。

Apple Watchでの設定

Apple Watchを腕に装着して屋外に出る

GPS機能を使って調整することが必要なので、高い建物が近くになくて、上空の見通しが良く、平坦なところで調整しましょう。

Apple Watch Series1の場合は、GPS機能が内蔵されていないため、iPhoneも調整に必要なので一緒に持っていく。Series2以降をお持ちの方はApple Watch単体で大丈夫です。

ワークアウトアプリ

ワークアウトアプリをタッチ

もしくはデジタルクラウンを押し込んで、メニュー画面からタッチ

最後に、ウォーキングかランニングをタッチして、運動を20分間行う

1回の運動で20分まで達していなくてもOK。複数の運動であわせて20分になれば大丈夫です。

調整をすることによる効果

公式ページの説明によると、この調整を行うことで、

ウォーキングまたはランニングするたびに、さまざまな速度における歩幅を Apple Watch が学習し、加速度センサーが継続的に調整されていきます。

調整しておけば、ワークアウト App でのカロリー推定値の精度、アクティビティ App でのカロリー、距離、ムーブ、エクササイズの推定値の精度も上がっていきます。

上記の効果を見込むことができます。

以上の調整を行ってから、本格的に運動を開始しましょう。

参考リンク

[blogcard url="https://support.apple.com/ja-jp/HT204516"]