シリーズ刷新で分かりにくいJabraの完全ワイヤレスイヤホンのラインアップをまとめてみた【2022年2月時点】

2022年2月11日

【更新履歴】2/11 Jabra Elite 7 Pro, 7 Activeのマルチポイント対応について追記

AirPods Proの次に購入したJabra Elite 85t(2020年11月購入)も、そろそろモデル末期かなという状況ですが、2021年9月にJabraが完全ワイヤレスイヤホンのEliteシリーズを刷新しました。

2022年1月現在、新旧のラインアップが混在しており、これからJabraの完全ワイヤレスイヤホンを購入する場合に、どのモデルが良いのか迷ってしまう人もいるのではないかと考え、それぞれのモデルの特徴をしっかりと比較できるようなページを作ろうと思いました。

今回は、2022年1月時点で販売されているEliteの新シリーズの全モデルと旧シリーズのフラッグシップモデルとなる85tを比較を行い、これから新シリーズを購入する予定がある皆さんに、パターン毎にお勧めモデルをご紹介します。

ちなみに、旧シリーズと新シリーズの製品の見分け方は、モデル名の数字が2桁が旧シリーズであり、1桁が新シリーズになります。

機能比較表

iPhoneで見ている人は、表を右にスライドできます→

 Elite 85tElite 7 ProElite 7 ActiveElite 4 ActiveElite 3
シリーズ
位置付け上位モデル上位モデルスポーツモデルスポーツモデル廉価モデル
特長ANC採用技術力を結集し、音質と共に、通話性能の向上を追求激しい動きでも外れにくいフィット感や耐久性を追求激しい動きでも外れにくいフィット感や耐久性を追求若年層・コスパ重視の人に向けた価格訴求力を追求
ANC×
外音取込×
バッテリー5時間(ANCオン)8時間8時間7時間7時間
防塵・防水IPX4IP57IP57IP57IP55
先進
テクノロジー
-骨伝導センサー液体シリコンゴム--
片耳利用△(右耳のみ対応)×
Bluetooth
コーデック
AAC, SBCAAC, SBCAAC, SBCaptX, SBCaptX, SBC
Bluetooth
規格
5.15.25.25.25.2
マルチ
ポイント
2台まで2台まで2台まで××
重量
(片側)
7g5.4g5.5g5g4.6g
急速充電15分間の充電で1時間分5分間の充電で1時間分5分間の充電で1時間分10分間の充電で1時間分10分間の充電で1時間分

比較して分かったこと

ここからは、全モデルを比較して分かったことを項目毎に挙げていきます。

バッテリーの持ちが良くなったの?

比較するにあたりJabra公式ページに記載のスペックを確認していた時に気づいたことは、85tだけANCがオンになっている場合で5.5時間オフになっている場合で7時間と、それぞれの音楽再生時間が記載されており、新シリーズのモデルではANCオンとオフの区別がされておらず、1パターンのみの掲載となっています。

したがって、比較表に載せた時間がANCがオンでもオフでも変わらない(そんなことあるのか?)のか、または最長◯時間となっていることから、ANCオフの場合を掲載している可能性が高いと思いました。

実際のところは、購入してみて試してみるしかなさそうですね。

防塵防水性能アップ!

85tの防塵防水性能はIPX4でしたが、新シリーズは全てのモデルで85tを上回る性能を備えていました。

廉価モデルのElite3では、IP55に対応していて、

  • 塵埃の侵入を完全に防止できないが電子機器の動作には問題がない
  • あらゆる方向からのノズルによる噴流水でも機器が影響を受けない

という仕様でした。雨の日に外出していても、雨粒を気にする必要もなさそうです。

そして、7の2モデルと4 Activeでは、IP57対応となっており、

  • 塵埃の侵入を完全に防止できないが電子機器の動作には問題がない
  • 一時的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない

となっており、特に防水性能が85tに比べると飛躍的に進化していることが分かりました。

完全ワイヤレスイヤホンを利用していて、水中に落とすことはあまりないと思いますので、十分すぎるほどの防水性能に進化しています。

マルチポイントは不必要なのか?

85tでは採用していたマルチポイントが、新シリーズでは全モデル非対応になっていました。

私の場合、iPhoneをプライベートと仕事用で2台、Apple Watchと3台のデバイスを接続する場合もあるため、重宝していましたが、一般的にはマルチポイント機能の必要性が少なくなっているというマーケット分析でもあったのでしょうか?

いずれにしても残念な結果でした。

(2/11 追記)2/10の発表により、Jabra Elite 7 Proと7 Active についてJabra Sound+アプリからのアップデートにより、最大2台までのマルチポイント対応が適用できるようになりました。

急速充電が進化!

AirPods ProやWF -1000XM4と比べて、85tの急速充電は残念な状況でしたが、新シリーズになって急速充電のパフォーマンスがライバル機に肩を並べることとなりました。

7シリーズでは、5分間の充電で1時間分音楽が再生できるまで、急速充電の質がアップしました。

片耳運用も改善?

85tでは、右耳側でしか片耳運用できませんでしたが、新シリーズでは特にその旨の記載がなかったため、左右いずれのイヤホンでも仕様することができると思われます。

それが本当であれば、85tよりも進化した点と言えます。

Bluetooth5.2の恩恵は?

調べてみたところ、5.2のメリットとして、

  • 低消費電力でありながら高品質の音質を伝送できる圧縮技術
  • 音源元となるオーディオソースデバイスと、複数のオーディオシンクデバイスとで独立したデータ伝送ができる
  • 音源元となるオーディオソースデバイスと、複数のオーディオシンクデバイスとを接続し、データを一斉配信
  • 消費電力を抑える
  • 5.1以前で指摘されていた暗号化キーに関する脆弱性が修正

が挙げられていましたが、そのうち気になったのが、2番目と3番目のメリットで、これらの機能を使えば、マルチポイント対応も難しくなさそうな気がするんですが、なぜ採用に至らなかったのか、ユーザー側では知る由もないありません。

(2/11 追記)2/10の発表により、Jabra Elite 7 Proと7 Active についてJabra Sound+アプリからのアップデートにより、最大2台までのマルチポイント対応が適用できるようになりました。

お勧めモデル

ここからは、ユーザーの状況に応じて、お勧めモデルをご紹介します。

iPhoneユーザーはElite3と4は回避

iPhoneユーザーが音楽を聴く時には、AACコーデックを使って音楽データをiPhoneとイヤホンで伝達することになりますが、Elite3と4 Activeでは、AACコーデックは非採用になっていて、SBCコーデックでの接続となります。

私もSBCコーデックでの音楽を聴いたことがありますが、正直音質は良くないので、iPhoneユーザーの方で少しでも音質の良いものを求めるのなら、AACコーデックが使えないElite3と4 Acitveは買わない方が良いと思います。

AndroidユーザーはElite3と4はあり

Androidスマホを使っている人の場合、音楽を伝達する際のコーデックとして、aptXを採用しているスマホが多く、Elite3や4との相性も良いかと思います。

ただし、自分のAndroidスマホがaptXに対応しているかどうかをちゃんと確認した方が良いです。

テレワークで利用は7Pro

7 Pro一択となります。全モデルの中で唯一採用している骨伝導センサーによって、会話相手にしっかりとこちらの声を届けることができそうです。

スポーツしながら利用は7, 4Active

激しい動きにもイヤホンが外れにくいと開発メーカーが謳っているので、7 Activeと4 Activeがお勧めとはなりますが、あまり激しい動きがなければ、7 Proでも良いかもしれません。

Jabraブランドのイヤホンお試し利用は3

これまでJabraブランドの完全ワイヤレスイヤホンを使ったことがない方でどんな感じなのか試してみたい場合、ノイズキャンセル機能はありませんが、Elite 3は販売価格が1万円を下回る廉価版イヤホンになっているので、お勧めです。

85tの後継モデルを期待

本記事の最後に、モデル末期となった感のある85tですが、新シリーズのフラッグシップモデルとして後継機種の発売が気になるところです。

そこで、私が妄想する新シリーズのフラッグシップモデルを妄想してみました。

後継機種の妄想スペック

  • モデル名はJabra Elite 8 Pro
  • マルチポイントは5台まで対応
  • Bluetooth5.2対応
  • Bluetoothコーデックは、LDAC, aptXHD, AAC, aptX, SBC
  • 5分間の充電で1時間分の音楽再生分の急速充電
  • IP57対応
  • 片耳運用(両耳対応)
  • ANCオンで8時間音楽再生

近い将来、後継機種が発表されることを期待したいと思います。