【アップデート情報ひとまとめ】iOSとwatchOS2つにマイナーアップデートが来た〜

10月26日にiOS、watchOSのアップデートが配信されましたので、ご紹介します。

iOS

iOSのアップデート内容は以下の通りです。

バージョン情報

iOS 15.1

データ容量

1.41GB

アップデート内容

詳細はリリースノートに記載されていますが、SharePlayが新たに加わったこと、iPhone13

系のビデオ撮影、Appleウォレットへのワクチン接種カードの追加など。そして、バグ修正も含まれています。

ワクチン接種カードは日本非対応?

アップデートを完了した iPhoneのウォレットアプリで確認しましたが、どうも日本ではワクチン接種カードの追加は非対応のようです。実際に追加できる項目は見当たりませんでした。

watchOS

watchOSのアップデート内容は以下の通りです。

バージョン情報

watchOS 8.1

データ容量

340MB

アップデート内容

ワークアウト中の転倒検知の強化、ワクチン接種カードをウォレットアプリからの提示、常時表示設定時に時刻が正確に表示されない不具合の修正など。

まとめ

メジャーバージョンアップ後、初の小数点一位のバージョンが1に上がったもの(iOS15.1、watchOS8.1)となり、不具合修正が多くされてることから、私はアップデートをすぐに実行しました。