対応機種の新規追加と安定性・パフォーマンス向上!Jabra Sound+アプリのアップデート!

9月1日にJabra Sound+アプリがアップデートされましたので、その内容などを紹介します。

Jabra Sound+とは

Jabra製のヘッドホン、イヤホンと連携して、ユーザー好みのカスタマイズができるアプリになります。

対応機種

Jabra Elite 2, 3, 45e, 45h, 65e, 65t, 75t, 85t, 85h, Active 45e, Active 65t, Active 75t(赤文字が今回のアップデートから加わったモデル)

Jabra Evolve 65e, 65t

Jabra Evolve2 65, 85

以上、16機種になります。ちなみに~eは首掛け式のイヤホン、~hがヘッドホン、~tが完全ワイヤレスイヤホン、Activeはスポーツでの利用にも耐え得る防水防塵対応モデル、Evolveは業務用ヘッドセットを表しています。

アップデート詳細

バージョン情報

5.0

変更内容

  • Jabra Elite 2のサポート
  • Jabra Elite 3のサポート
  • Jabra Panacast 50の機能が追加追加されました
  • 安定性とパフォーマンスが向上

以上、4つとなっていました。

アプリのデータサイズ

181.2MB(前バージョンまでの149.4MBから増加)

前回のアップデートからの経過時間

約2ヶ月半(6月15日に、前Ver.となる4.12がリリース)

以前のバージョンからの変更点

Jabraでは最新の完全ワイヤレスイヤホンのモデル(Jabra Elite 7 Pro, Elite 7 Active, Elite 3)が発表されました。今回のアップデートではすでに流通が始まっているElite 3に対応していることがトピックになります。

謎なのが、Elite 2なるモデルで、新製品の発表では触れられていないものかと思います。Jabraの日本語サイトでもその存在は認められません。

以上で、この記事は終わりです。