【アップデート情報ひとまとめ】56日ぶりにiOSとwatchOS同時にアップデート来る!MagSafeバッテリーパック対応や心電図利用国の拡大など!

7月20日にiOSとwatchOSのアップデートが配信されましたので、ご紹介します。

iOS

iOSのアップデート内容は以下の通りです。

バージョン情報

iOS 14.7(前回Ver. 14.6の配信から56日後のリリース)

データ容量

927.3MB(現在所有のiPhone12 miniでの場合)

アップデート内容

新機能の追加、機能改善など

MagSafeバッテリーパック対応

7月14日に突如として発売開始となったiPhone12系向けMagSafeバッテリーパックへの対応が追加されています。

機能改善と不具合修正

詳細の記載はありませんが、機能改善と不具合修正も入っていました。

watchOS

watchOSのアップデート内容は以下の通りです。

バージョン情報

watchOS 7.6(前回Ver. 7.5の配信から56日後のリリース)

データ容量

177MB(現在所有のSeries 6 での場合)

アップデート内容

心電図・不規則な心拍の通知に新たな国や地域が追加。機能改善・不具合修正も入っています。

30の地域(国?)で新たに心電図と不規則な心拍の通知に対応と記載があるものの、具体的な国名・地域名の明示はされておらず、分かりづらい状態です。

いずれの機能もすでに日本は対応済みのため、それほど重要なアップデートではなさそうです。

まとめ

今回のアップデートでは、注目すべき内容はあまりありませんでした。もう数ヶ月すると、iOS15やwatchOS8のメジャーアップデートが控えていることもあり、現OSの成熟度をより高めるアップデートになっているのではないでしょうか?

引き続き、今後のアップデートで期待しているのは、iPhoneのアプリへのログイン情報の入力のためのFaceID認証を、Apple Watchがあれば自動で認証できる機能です。