Apple Watchの魅力

2020年11月3日

【更新履歴】10/24 文字盤カテゴリーを追加

多くの非Apple Watchユーザーが疑問に思っていることだと思いますが、ユーザーはどんな使い方をしているのか、そしてメリットや有効性が伝わりづらい点があるかと思います。

そこで、私自身が1ユーザーの視点から、どんなことにつかっているのかをまとめてみました。

キャッシュレス決済

 現在、多くのキャッシュレス決済が世に出てきていますが、私はApple Watchで、モバイルSuicaを利用してキャッシュレス決済をしています。

iPhoneやApple WatchででSuicaが使えるようになって久しいので、言わずもがなですが、買い物をする時、飲食店での支払いの時に、小銭をじゃらじゃらしながら支払いを行うことなく、簡単に決済ができます。

一度、キャッシュレス決済になれてしまうと、わざわざ財布から小銭を出すのが面倒くさくなっちゃいますね。

Apple WatchでのSuica利用に関心のある方は、下にあるSuicaカテゴリー記事をご覧ください。

 [blogcard url="http://koregadge.info/?cat=7"]

また、キャッシュレス決済のメリットは何だろう?と疑問に思っている方は、下の投稿をご覧ください。

[blogcard url="http://koregadge.info/?p=299"]

時間や年月日の確認

 腕時計本来の使い方に近いことですが、今何時くらいだろうと確認する時に、使っています。

インフォグラフという文字盤に対応したコンプリケーションでは、西暦や年号も表示することができます。

インフォグラフ対応のコンプリケーションに関心のある方は、下の過去記事をご覧ください。

[blogcard url="http://koregadge.info/?tag=コンプリケーション"]

お天気予報の確認

Apple Watch購入前は、会社に出勤するため、家から出る前にiPhoneで天気予報を確認していました。

今は、腕に着けているApple Watchでチェックしてます。

こうすると、

iPhoneを手に持つ →  ロックを解除する →   天気アプリを起動する →    必要な情報を確認する

といった手間が一気に減って、iPhoneのバッテリーの持ちにも少なからず貢献しているんじゃないかと個人的に考えてます。

[blogcard url="https://koregadge.info/?p=1008"]

メッセージのチェック

家族、友人、会社関係、日頃はいろいろなところから、メールだったり、メッセージだったり、iPhoneに通知が来るたびにチェックしがちですが、そのチェックをApple Watchで確認しています。

簡単な定型文で返答もできます。場合によっては、音声認識で返答内容を読み上げてメッセージ文の入力も可能です。

音楽を聴く

私は、日頃からなるべく音楽を聴いていたいので、バッテリーの減りのことを考えて、音楽再生はウォークマンに任せていますが、たまにウォークマンのバッテリー切れで聞けなくなることもあり、またiPhoneで音楽を聴くにも、またまたバッテリーの減りも気になるところなので、Apple Watchに音楽データを同期しています。

私はまだ持っていませんが、AirPodsと接続すると、Apple Watch上で再生、一時停止や音量の上げ下げも調整できます。

楽曲選択
楽曲再生中

私はあまり利用しませんが、iPhoneでYouTubeを見るときにも、Apple Watchのメディア再生画面で操作も可能です。

YouTube動画再生中

iPhoneのバッテリーの持ち時間に好影響?

iPhoneのバッテリーの減りが気になる方、iPhoneでいろいろと確認をしている情報を、Apple Watchで代わりに確認することができれば、iPhoneの画面を見る時間も少しは短くなると思うので、個人差はあると思いますが、減り具合も少なくなるのかもしれませんね。

Apple Watchのバッテリーの持ちに興味がある方は、下の過去記事をご覧ください。

[blogcard url="http://koregadge.info/?tag=バッテリーの持ち"]

活動量計

日頃の運動不足解消と減量のため、仕事をしながら、また休日で家の中で過ごしがちな時でも、アクティビティを見て、なるべく運動するように自分の意識を高めることを意識しています。 

ベルトの付け替えも簡単、高級感のあるリンクブレスレット

ベルトの付け替えが容易にできるようになっているのも、Apple Watchの特長ですが、私も購入した時に選んだベルトから付け替えてます。

選んだのが、Apple純正品のスペースブラックリンクブレスレットです。

詳細は下記リンク先で詳しく紹介しています。

[blogcard url="http://koregadge.info/?tag=%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88"]

文字盤

自分好みの文字盤に変更して、必要な情報を表示するカスタマイズができるのも特長になります。

ウン千万円する高級時計で、文字盤を変えられるものはそんなにないと思います。

自分のステータスとして高級腕時計をしている人にはあまり関係ない話にはなると思いますが、自分の知りたい情報にカスタマイズできるApple Watchに、自分としては価値を見出してます。

私が使っている文字盤をまとめたので、関心のある方は下のリンク先をチェックしてみて下さい。

[blogcard url="http://koregadge.info/?tag=文字盤"]