【タクティクスオウガ リボーン】キャラクター紹介 〜ラヴィニス編〜 運命の輪からの新キャラとなる彼女に託された2つの役割とは?

5 min 4,543 views

2022年11月11日に発売のタクティクスオウガ リボーンで登場するキャラクターを紹介します。

自らの意思をもって選択した結果よりも、
出自が人の価値を決めるというの?

ラヴィニス ロシリオン

キャラクター名とイラスト

ラヴィニス ロシリオン(Ravness Loxaerion)/ 騎士ラヴィニス

アルモリカ騎士団所属  ウォルスタ人
騎士レオナールに次ぐ実力者で、ロンウェー公爵を支えてきた重臣のひとり
沈着冷静な指揮官として振る舞う一方、曲がったことを嫌う頑固な一面も持ち合わせている

キャラクターボイス

CV:深見 梨加さん

ドットキャラと初期エレメント

エレメント:神聖

ラヴィニスさん、11/6に配信された松野さんのライブ配信で初期エレメントが神聖だと判明

乗っけからレアエレメントが初期設定で驚きました

自軍加入タイミング

CHAPTER 1 ボルドュー湖畔の戦いより(ゲストユニットとして)

CHPTER1でLルートを選んだ場合のみ、

  • CHAPTER1のバルマムッサの町での戦いで彼女を生存させたままクリア
  • CHAPTER2のレイゼン街道でガルガスタン軍に捕虜として連行されるラヴィニスを救出
  • CHAPTER3のバハンナ高原でのジュヌーンとカムラットの特殊会話を全て確認
  • ニュースで『コリタニ公失踪』を確認
  • 再びバハンナ高原に訪れ、中立勢力として登場するラヴィニスを生存させたまま、デニムとの特殊会話を全て確認してバトルをクリアする

専用クラス

特になし

キャラクター紹介文の変遷

ウォーレンレポートの中にある人物という項目にて、キャラクターのイラスト及びゲームの進捗に応じた紹介文が掲載されている。

以下に、これまでのゲームプレイで確認することができた紹介コメントをCHAPTERやルートを分類した状態で転載。

CHAPTER 1

ロンウェー公爵救出作戦 直後

ウォルスタ解放軍所属 ウォルスタ人

騎士レオナールに次ぐ実力者で、ロンウェー公爵を支えてきた

沈着冷静な指揮官として振る舞う一方、曲がったことを嫌う頑固な一面も持ち合わせている

バルマムッサの町の戦い直前

ウォルスタ解放軍所属 ウォルスタ人

騎士レオナールに次ぐ実力者で、ロンウェー公爵を支えてきた

沈着冷静な指揮官として振る舞う一方、曲がったことを嫌う頑固な一面も持ち合わせている

ウォルスタ人自治区の住民を蜂起させるため、デニムらと共にバルマムッサの町を目指す

CHAPTER 2

Lルート CHAPTER 2 開始直後

元アルモリカ騎士団所属 ウォルスタ人

ウォルスタ人の父とガルガスタン人の母の間に生まれた混血の女性

騎士レオナールに次ぐ実力者としてロンウェー公爵を支えてきた

沈着冷静な指揮官として振る舞う一方、曲がったことを嫌う頑固な一面も持ち合わせている

バルマムッサの住民虐殺に反対し、ウォルスタ解放軍から離反

ガルガスタン国内へ逃亡したが、ガルガスタン正規軍によって囚われの身となる

Lルート レイゼン街道 ラヴィニス救出作戦 直後

元アルモリカ騎士団所属 ウォルスタ人

ウォルスタ人の父とガルガスタン人の母の間に生まれた混血の女性

騎士レオナールに次ぐ実力者としてロンウェー公爵を支えてきた

沈着冷静な指揮官として振る舞う一方、曲がったことを嫌う頑固な一面も持ち合わせている

バルマムッサの住民虐殺に反対し、ウォルスタ解放軍から離反

ガルガスタン国内へ逃亡したが、ガルガスタン正規軍によって囚われの身となる

裁判のためにコリタニ城へ連行される途中、デニムによって助けられる

解放軍への復帰を誘われるも断り、以後、消息不明

Cルート CHAPTER 2 開始直後

元ウォルスタ解放軍所属 ウォルスタ人

ウォルスタ人の父とガルガスタン人の母の間に生まれた混血の女性

その出自に捕らわれることなく努力を重ね、騎士レオナールに次ぐ実力者で、ロンウェー公爵を支えてきた

公爵の立案したバルマムッサの住人虐殺に反対し、レオナールらと対立

その際に受けた矢傷が致命傷となり、虐殺の数日後に死亡する

CHAPTER 3

Lルート バハンナ高原 ラヴィニス救出作戦 直後

元ウォルスタ解放軍所属 ウォルスタ人

ウォルスタ人の父とガルガスタン人の母の間に生まれた混血の女性

騎士レオナールに次ぐ実力者としてロンウェー公爵を支えてきた

冷静沈着な指揮官として振る舞う一方、曲がったことを嫌う頑固な一面も持ち合わせている

バルマムッサの住人虐殺に反対し、解放軍から離反

母方の縁を頼りガルガスタン国内へ逃亡する

その後、ガルガスタンの反体制派の勢力に協力し、ガルガスタン内の改革に努める

コリタニ公を反体制派の元へと逃がし、ガルガスタン正規軍に追われていたところをデニムによって助けられる

この内乱の本質を見抜き、終戦をめざすデニムに賛同し、解放軍に復帰する

プレイヤー目線のキャラクター評

オリジナル版のタクティクスオウガには存在せず、『運命の輪』になってから生まれたキャラクター

ラヴィニスがタクティクスオウガの物語に新たに加わった意図を、あらためて熟考した時に、実は彼女の双肩に非常に大きな役割がのし掛かっているのではないかと気づいた

1つは、初代タクティクスオウガでは、あまり意識することがなかった異なる民族の混血児という出自である点

プロローグで語られたストーリーの中で、ドルガルア王が他民族間での婚姻を奨励していたと伝えられてはいたが、民族間の対立の構図が重要なファクターとなっているはずのストーリーの中に、当然あってもよさそうな混血児問題の要素がなかったことに対して、『運命の輪』ゲーム開発陣がラヴィニスというキャラクターを生み出したのであろう

その点にクローズアップすると、バルマムッサの町での出来事までは、ラヴィニスは自分の混血児という出自の背景はあれど、ウォルスタ人の未来のためL(ロウ)ルートを歩んでいる格好であり、ロンウェー公爵がバルマムッサ自治区の住人に対する酷い仕打ち自体もLルートでの選択となっていることから、公爵の決定に素直に従うと思いきや、意外なことに同胞たちを手にかける行為は許されないことだと、彼女自身が翻ってC(カオス)ルートに転身しているところが大変興味深い

その後の展開として、Cルートでは彼女と同じ決断を行ったデニムと仲間となり、民族間の対立構造ではなく、一部の権力者と一般大衆の対立軸に置き換わる物語のターニングポイントにおいて、主人公の良き理解者となり、混血児として重要な役割を果たすはずであったのに、ヴァイスの矢弾によってあっけなく命を落としてしまう展開は、あまりにも唐突すぎて残念な展開であったことを初見プレイ時に感じた

もう少し彼女の内面を掘り下げつつ、貴族やローディスの騎士たちからヴァレリア島を解放するサイドストーリーでの活躍があっても良かったのではないだろうか?

2つ目として、オリジナル版ではあまり目に触れる機会のなかった、ガルガスタン人の反体制派側のサイドストーリーを際立たせる役割も、Lルート限定とはなるが、ロシリオン将軍が担っていた点となる

ガルガスタン内部でバルバトス卿に抵抗する動きとしては、LルートのCHAPTER 3におけるディダーロ家のストーリーがとても印象的であったが、それに至るまでの間において、反体制派がどのように活動を続けているのかを、ごく限られた対面機会に、彼女から直接デニムに伝えられる内容により、プレイヤーの心にしっかりと楔を打ち込む役割が与えられている

「ガルガスタン人の全てが、ウォルスタ人との戦いを望んでいるわけではないことを」

これら2つの役割が、タクティクスオウガのシナリオを、より一層重厚なものに仕上げられており、ゲーム登場時はあまりにぽっと出感のあるキャラクターで違和感があったものの、重要な役割を果たしたキャラクターであることは間違いない

唯一、私が悩むのは彼女をどのクラスで育てれば良いのかという一点のみである

ナイトヴァルキリー?それともウォリアードラグーン?う〜ん、困った…

関連性の高い他キャラクター

騎士レオナール、プレザンス神父、騎士レクセンテール、将軍ザエボス、風使いカノープス

本サイトでは、当ページで紹介しているキャラクターについて、皆さまご自身のキャラクター評を広く募集しています。

ご応募いただきましたキャラクター評は本サイト管理人側で拝見し、当サイトにお越しになる方に広く読んで欲しいと感じたものを、こちらのページ内で掲載いたします。

なお、掲載させていただきます際は、下記のようなアコーディオンタイプでの投稿となります。

メールフォームにてお送りいただいた、ご自分のキャラクター紹介文を全文掲載いたします。

応募方法は本サイトの【お問合せ】のメールフォームより、

  • お名前(ペンネームで構いません)
  • タイトル(キャラクター名)
  • お問合せ内容(キャラクター紹介文)

以上の項目を入力いただき、送信ください。

なお、ご応募頂いたキャラクター評の掲載を保証するものではございませんので、予めご了承願います

(C)1995,2022 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.

カテゴリー:
関連記事