PS5に取り付けできるM.2 SDDストレージおすすめ9種を一挙紹介!(2022年8月版)自費購入・取付後レビューあり

5 min 250 views

【更新履歴】8/20 東芝LEトレーディング TLD-M7A追加

先日手に入れたばかりのPlayStation5ですが、現在発売されているどのモデルであったとしても、内蔵ストレージが1TBなくて、825GBになっています。そして、実際に利用できるのは667.2GBとなっています。

PS AppよりPS5ストレージを確認

年々、ゲームソフトのゲームプレイに必要なデータ容量が増え続けているため、1TBすらない標準ストレージだけでは、将来遊びたいゲームソフトを購入したとしても、空き容量不足になってしまって、何か別のソフトを一旦削除しない限りプレーすることができない状況に陥ることもあるかもしれません。

そんな時に、大きな味方となってくれるのが、PS5のストレージ拡張機能として利用できるM.2 SSDストレージになります。

M.2 SSDとは?

PCやコンシューマーゲーム機器にSSD(ソリッドステートドライブ)を接続する際のインターフェイス規格の1つでここ最近急速に利用が拡大しているものがM.2規格であり、この接続端子を持つ記憶装置をM.2 SSDと呼びます

高速でデータ転送を行うことができるのが特長であり、ゲームソフトの保存の他、アプリケーション・動画や写真の保存など幅広い用途に使用されている

高速で動作するが故に、発熱することによる転送速度の低下リスクがあるため、SSD本体で発生した熱を外部に逃すためのヒートシンクが取り付けられているものを推奨

今回の記事では、PS5のストレージを増量するM.2 SSDストレージ(全てヒートシンク付きモデルを選定)でおすすめする9種類をご紹介します。

前半はアメリカ🇺🇸や韓国🇰🇷、台湾🇹🇼メーカーのもの、その後に日本🇯🇵企業の製品を掲載。

さらにページの後半では、自費で購入したM.2 SSDストレージのモデルと購入金額、実際にPS5本体に装着した結果をレポートしています。

PS5に取り付けできるM.2 SSDストレージ

これまでに販売中、または販売予定の商品一覧。全てヒートシンクモデル

メーカー品名容量読取り速度
Samsung980PRO1TB
2TB
最大7,000MB/秒
Western DigitalSN850500GB
1TB
2TB
最大7,000MB/秒
NextorageNEM-PA1TB最大7,300MB/秒
SeagateFireCuda 530500GB
1TB
2TB
4TB
最大7,300MB/秒
XPGGAMMIX S70 BLADE1TB
2TB
最大7,400MB/秒
ADATAPremier SSD For Gamers512GB
1TB
2TB
最大7,400MB/秒
LogitecLMD-PS5M500GB
1TB
2TB
最大6,100MB/秒
エレコムESD-IPS500GB
1TB
2TB
最大7,200MB/秒
PS5使用時 6,100MB/秒
東芝LETTLD-M7A1TB
2TB
4TB
最大7,000MB/秒

Amazonでの販売価格とその他取扱家電量販店サイト

こちらでは、M.2 SSDストレージ一覧で紹介した製品毎に、Amazonでの販売価格(2021/12/15時点)と取扱いのある家電量販店サイトをご紹介します。

Western Digital SN850

ウエスタンデジタル社は1970年にアメリカで設立された、HDDやフラッシュメモリー等製品製造メーカーで、SN850は次世代ゲームのエクスペリエンス獲得に必要なスピードを活用できるとしている

Amazon販売価格(税込表示 2021/12/15時点)

  • 500GB → 16,991円
  • 1TB → 在庫なし
  • 2TB → 在庫なし

取扱い家電量販ECサイト

Amazon

ビックカメラ

ソフマップ

ノジマオンライン

ヨドバシドットコム

ジョーシン

ADATA Premier SSD for Gamers

台湾に本社を置くメモリメーカーであるADATA Technology社が提供するM.2 SSDの特徴として、PlayStation5をイメージしたデザインのアルミ製ヒートシンクが取り付けられている

Amazon販売価格(税込表示 2021/12/15時点)

  • 512GB → 13,800円
  • 1TB → 23,800円
  • 2TB → 43,800円

取扱い家電量販ECサイト

Amazon

ビックカメラ

ソフマップ

ヨドバシドットコム

ジョーシン

XPG GAMMIX S70 BLADE

XPGは一つ前で紹介したADATAが、ゲーマーやeスポーツ選手に高性能な製品を提供することを目的として設立したゲーミングデバイスブランドであり、S70 BLADEのアルミニウム製ヒートシンクにより発熱量を20%程度低減するとされています

Amazon販売価格(税込表示 2021/12/18時点)

  • 1TB → 17,790円
  • 2TB → 32,500円

取扱い家電量販ECサイト

Amazon

ビックカメラ

ソフマップ

ヨドバシドットコム

コジマネット

Samsung 980PRO

サムスン電子は韓国が世界に誇る電子製品・電子部品の製造メーカーであり、ハイパフォーマンスを誇る980PROは自社製のSSDコントローラーを搭載、SSD本体裏面まで覆うアルミ製ヒートシンクが付いているモデルである

Amazon販売価格(税込表示 2021/12/18時点)

  • 1TB → 23,717円
  • 2TB → 40,384円

取扱い家電量販ECサイト

Amazon

ビックカメラ

ソフマップ

ヨドバシドットコム

ジョーシン

コジマネット

Seagate FireCuda 530

Seagateはアメリカに本社を置く世界的なHDD製造メーカーとなり、FireCuda530は長時間のゲームプレイの酷使にも耐え得る耐久性を有し、放熱技術の分野のリーダーであるEKWBと独自のヒートシンクを共同開発

Amazon販売価格(税込表示 2021/12/18時点)

  • 500GB → 18,320円
  • 1TB → 23,717円
  • 2TB → 40,384円

取扱い家電量販ECサイト

Amazon

ビックカメラ

ソフマップ

コジマネット

Nextorage NEM-PA

Nextorageは、ソニーストレージメディアソリューションズ社100%出資の元で発足したメモリーとストレージ事業に特化した日本の製造メーカーで、NEM-PAは5年間の製品保証付きであり、アルミ製のヒートシンクには、熱放射性の高い黒アルマイトを施して放熱構造を最適化

Amazon販売価格(税込表示 2022/10/10時点)

  • 1TB → 29,800円
  • 2TB → 50,300円

取扱い家電量販ECサイト

ビックカメラ

ノジマオンライン

ヨドバシドットコム

ジョーシン

ヤマダウェブコム

Logitec LMD-PS5M

Logitecは、エレコムの100%子会社である日本のコンピューター周辺機器製造メーカーであり、LMD-PS5Mは長野県伊那市にある工場で製造。放熱効果を最大化するため表面積を多く取れるようヒートシンクの構造を最適化

Amazon販売価格(税込表示 2022/4/27時点)

  • 500GB → 14,590円
  • 2TB → 41,140円

エレコム ESD-IPS

エレコム株式会社は、大阪市中央区に本社を置くコンピューター周辺機器製造メーカーで、ESD-IPSではPS5™にSSDを取り付けるために必要な専用ドライバーが付属している

Amazon販売価格(税込表示 2022/1/27時点)

  • 500GB → 25,080円
  • 1TB → 36,080円
  • 2TB → 65,780円

取扱い家電量販ECサイト

ビックカメラ

東芝LEトレーディング TLD-M7A

東芝エルイートレーディング株式会社は、東芝ライフスタイルグループの電機メーカー、卸売業を営んでおり、TLD-M7Aは高いパフォーマンスを発揮するための6つのテクノロジーを採用

Amazon販売価格(税込表示 2022/8/20時点)

  • 1TB → 18,800円
  • 2TB → 39,800円
  • 4TB → 99,800円
created by Rinker
東芝エルイートレーディング(TOSHIBA Lifestyle Electronics Trading)

自費で購入したM.2 SSDストレージ

上の一覧表の中より、自費で購入したサムスンのM.2 SSDストレージをご紹介。

購入金額

19,980円

購入店

AmazonのブラックフライデーSALE期間中の特別価格として、1TBモデルが20,000円を切っていた為、お得に買えました。

セールが終了した12月8日現在で、23,717円での販売となっています。

本製品を購入した経緯

PlayStation5の購入抽選に当たったあと、すぐにM.2 SSDストレージの購入を決めました。その時は、検索して最初に見つけたSeagateのFireCudaの500GBモデルをAmazonで18,320円で購入しました。

しかし、その後すぐにちょうどブラックフライデーSALE期間中だったこともあり、他のM.2 SSDストレージの存在を知ることになり、よくよく調べたところ、先に購入した500GBモデルの金額に数百円だけ加算すれば、倍の容量を有するサムスンの1TBモデルを購入できることが分かり、急遽Seagateのストレージをキャンセルし、買い直しました。

PS5本体に装着後の情報

ネット上の情報を参考に、PS5本体にM.2 SSDストレージを装着後、フォーマットを行った後にストレージを確認すると、正常にM.2 SSDストレージを認識、1TBの追加ストレージを得ることができました。

カテゴリー:
関連記事