『十人十色』

各々に信条を持ち、思い悩みながら戦場に立つ

【タクティクスオウガ リボーン 】キャラクター紹介

タクティクスオウガ リボーンの物語を彩るキャラクターを、所属する陣営ごとに紹介します。

キャラクターの個別紹介記事がある場合、リンクをキャラクター名に付けています。

✳︎所属陣営は、ゲームスタート時点のもので掲載

【タクティクスオウガ リボーン】人物相関図
フォリナー4姉妹

ウォルスタ解放軍

指導者:ロンウェー公爵


アロセール

ヴァイス

ヴォルテール

カチュア
カモス
ザパン

サラ
タムズ

デニム
フェスタ
フェリシア
プレザンス

ラヴィニス

レオナール

ガルガスタン王国

指導者:バルバトス枢機卿(王:コリタニ公)

まだ幼いコリタニ公に代わって執政を務めるバルバトス枢機卿の指導の元、民族浄化政策を掲げ、ウォルスタ人を始めとした少数民族の弾圧を強力に進め、国内にも非難の声が出るほどで、国政も一枚岩とはなっていない

オリアスカサンドラ

ガンプ

グアチャロ
クレシダ
ザエボス

ジュヌーン

ディダーロ
デボルド
ニバス
モルドバ

バクラム・ヴァレリア国

指導者:摂政ブランタ

シェリーシエロ
ハイラムファルファデ
ベスティアリマーキュリー
ルロッツァレイモス

ヴァレリア解放戦線

指導者:戦士セリエ

故ドルガルア王の統治時代のように、民族融和政策を推し進め、民族や思想にとらわれない平等な世界の実現を目指し結成

エルリグ

システィーナ
セリエバイアン
フォルカス

フィラーハ教団

指導者:大神官モルーバ

バクラム地方において、フィラーハ教の大神官であったモルーバは、ブランタとの権力闘争に敗れ、追放されてしまった時に設立した教団


オリビア

プランシー
モルーバ

ローディス教国(暗黒騎士団)

国主:サルディアン教皇

ヴァレリア島の北部の大陸にある強国

サルディアン教皇の庇護の元、暗黒騎士団は表向きバクラム・ヴァレリア国と結んでいるものの一枚岩とは言えず、秘密裏にとある目的のためヴァレリア島内で暗躍している模様

アンドラス
ヴォラック

オズ

オズマ

バールゼフォン
バルバス
マルティム
ランスロット
タルタロス

新生ゼノビア王国

国主:聖王トリスタン


ウォーレン

カノープス


ギルダス
デネブ

ミルディン

ランスロット
ハミルトン

その他

アゼルスタンオクシオーヌ

ハボリム
ラドラム
レンドル

© 1995, 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.